男女

CRMシステムによる顧客関係情報管理|企業向け代行サービス

電話代行の導入メリット

男性

電話代行サービスというのは、秘書代行サービスとも呼ばれている企業向けアウトソーシングサービスです。その代行サービスの内容というのは、企業に掛かってきた電話を電話代行オフィスに自動転送し、転送先のオフィスで代行スタッフが企業の代わりに電話対応を行ってくれるサービスとなっています。電話対応くらいなら企業内で可能だと考える企業も少なからずあるかと思います。しかし、企業内で電話対応を行っていく場合、電話対応を担当する事務員の雇用若しくは従業員の誰かしらが業務を中断して電話対応に入る必要があるでしょう。
電話対応を担当する事務員の雇用に関しては、人件費コストの発生という問題点があります。人件費コストというのは高コストのため、企業にとってそのコストの捻出は苦しいものとなるでしょう。従業員が業務を中断して電話対応を行うというのも、電話の掛かってくる頻度が高ければ業務に対して大きなタイムロスとなってしまうでしょう。そのタイムロスは企業にとって不利益な損失でしかありません。電話代行サービスであれば、そのどちらの問題点にもぶつかることはないのです。電話代行サービスの利用料金というのは、月定額で決まっており、人件費コストよりも遥かに低コストなものとなっているのです。また、企業に掛かってくる電話を代行オフィスへ自動転送するため、企業の電話のベルが鳴ることはありません。つまりは、低コストの利用料金で業務集中化を実現することが可能となるのです。